放射線治療の名医の元でガンを治す~健康な日々を取り戻す~

医者

治療法の見直し

看護師

放射線治療は一時期は補助的な治療という位置づけで行われていました。しかし、現在治療機器の発達や名医の技術向上によって、見直されてきており積極的に取り入れられています。

詳しく見る

がん治療の方法

人体の免疫力を高める

看護師

がん治療には抗がん剤の投与をはじめとして放射線治療、外科療法などいくつかの方法がありますが、その1つに免疫療法があります。免疫療法とは、免疫細胞と呼ばれる人体にもともと備わっていて異物排除の役割を担っている細胞の活性を高めることで、がん細胞の増殖を抑えるというものです。 現在、この免疫療法の中で高い注目を浴びているのが樹状細胞療法です。 樹状細胞とは皮膚や肺、胃などに広く分布している細胞で、顕微鏡で見ると木の枝のような突起が周囲に伸びていることからこの名があります。 樹状細胞は体内にあって有害物質を認識し、その結果を他の免疫細胞に伝達するという機能を担っています。この樹状細胞の働きを強めるのが樹状細胞療法です。

副作用のリスクが少ない安全な治療法

免疫細胞の中にはキラー細胞と呼ばれる、有害物質に侵された細胞を攻撃して死滅させる働きを持つ細胞があり、リンパ球などがこれに当たります。樹状細胞は、これらのキラー細胞に対してどの細胞が攻撃対象であるかを指示する、司令官のような役割を果たしています。 樹状細胞療法では、患者から採取した樹状細胞を培養し、ワクチンを作って体内に戻します。自分の組織であるため副作用の心配がほとんどなく、通常の日常生活を送りながら治療が進められるため負担が少ないという利点があります。また、他のがん治療法との併用も可能です。 樹状細胞療法はまだ歴史の浅い治療法で、本格的に普及し始めたのは2000年代に入ってからのことです。今後も研究が進むにつれ、さまざまな成果が報告されるものと予測されています。

副作用の軽減

先生

放射線治療では副作用が起こることがあります。なお、副作用や後遺症は医師の経験や腕前によって軽減することができると言われています。放射線治療の副作用や後遺症を防ぐことができます。

詳しく見る

名医を探す

看護師

インターネットから放射線治療の名医と名高い人や病院を探すということができます。中にはリンク集となっているサイトも有り、実際に治療を受けた患者の口コミが紹介されていることもあります。

詳しく見る

おすすめ関連リンク

  • 心斎橋スリーアロークリニック

    肺がんの免疫療法はこちらから調べることができますよ。病気に負けたくないのなら、こちらを見てみるといいでしょう。