放射線治療の名医の元でガンを治す~健康な日々を取り戻す~

医者

副作用の軽減

先生

放射線治療では、様々な副作用が起こることがあります。
しかし、全ての人に必ず現れるというものでもありません。
また、副作用や後遺症は医師の経験や腕前により軽減できるとされています。
そのため、放射線治療を行う場合は、名医と名高い人を選んで行うことが重要になってきます。
放射線治療での副作用として、よくあるものが疲労感やだるさを感じるというものです。
気力が出ないということもあり、通常よりも体が動かしにくいと感じる人が多いです。
治療後数週間で疲れは徐々に回復していきますが、副作用として食欲不振や吐き気などの症状が現れる場合があります。
特に腸や腹部に放射線を当てた時に、胃や腸の粘膜が荒れてしまうということもあります。
そのため、食事が取れないというような場合は、担当医に相談を行なって栄養補給を行うことも大切になります。

放射線治療は、施術できる医療機関がある程度限られています。
経験が浅い医師が担当するということも多いので、病院洗濯の際には、医師の経歴や熟練度をチェックすることが必要になります。
名医と呼ばれる人は、長く放射線治療に携わっており、経験も豊富です。放射線治療の副作用や後遺症のリスクも熟知しているため、安心して治療を受けることができます。
また、放射線治療は1回だけでなく複数回受けるということもあります。
このことから、しっかりとリスクを説明してもらえる医療機関を選ぶことが重要になります。
患者や家族が納得する治療を受けるということが大切です。